ステイホーム週間明け人出増える 8割減に届かず(20/05/12)



ゴールデンウィークを含む「ステイホーム週間」が明けて初めての平日だった11日の人出は感染が拡大する前に比べて特定警戒都道府県で5割から7割、それ以外の県で2割から4割の減少だったことが分かりました。

 NTTドコモによりますと、午後3時時点の人出は感染が拡大する前の1月下旬から2月上旬の平日の平均に比べると東京・品川で64.8%、霞が関で57.3%、大阪・梅田で69.8%など特定警戒都道府県で約5割から7割の減少となりました。一方、特定警戒以外の地域では広島駅で29.4%、仙台駅で33.9%など2割から4割の減少で、経済活動の再開に向けて外出する人が増えた結果となりました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧