お金の執着を手放すとどうなる?手放しの途中経過の心境【ミニマリストとお金】



ミニマリストmono-lifeです。
これがあると厄介だと分かっているけれどなかなか手放せないモノ。
その一つは、お金への執着ではないでしょうか。

私のもともとの性格として、お金への執着は強い方だと思います。
大金持ちになりたい!というのはないのですが
「将来の漠然とした不安」が強かったり、
「真面目に働いてお金を稼ぐべきだ」という考えが強くありました。

「ありました。」と、過去形で言うのは、
少しずつ考え方が変わってきているからです。

ミニマリズムについて意識するようになって、
自分にとって本当に必要なものは何かと考えるようになったら、
お金への執着は、少なくなってきているように感じています。

とはいえ、お金への執着って、すごく根深いです。
理想的なとらえ方ができるようになるには、少なくとも数年はかかるだろうとも
思っていまして、まだまだ、全然道半ばではありますが、

ちょっとだけ変化してきている「お金への執着に対して、
今思うところ」を話してみたいと思います。

お金への執着がなくなるということは、
「お金がなくても大丈夫!スッキリ!」と、
清々しく、自信に満ち溢れた感情になるのだと思っていました。

でも、私の場合は、どうやらそういう感じではなさそうです。
いずれはそういう境地にたどり着けるかもしれませんが、
今は、ちょっと違います。

お金への執着心の変化として、
以前の私は、
「社会人たるもの仕事が第一。収入を上げる努力をし、ゴリゴリ働くことが素晴らしい」
なんて、思っていましたが、

今は、収入が下がってきても危機感が少なくなって、
「まぁこのくらいなら、まだ大丈夫かなぁ」という
なまけ心のような、稼ぐ気持ちの低さと、

とりあえずお金を稼ぐよりも、もっと大事なことがあるのではないか?
稼ぐことは置いておいて、もっと大切なことをやらなくてはいけないのでは?
という現実逃避のような気持ちがあります。

そして、心の中に、お金に執着があるもう一人の自分がいて
「もっとお金を稼ぐことを頑張ったほうがよいのでは?」
と戒めてきます。

実際の行動としては、
お金を稼ぐためにどうしたらいいかと考えて仕事をする時間は少なくなり
やりたいことをやって、言いたいことを言って・・・
という時間は増えました。
そうやっている時は、そのことだけを考えていられるし、楽しいです。

でも、ふとした時に、
「お金を稼ぐことを頑張っていなくていいのかな?」と
不安がよぎります。

これだと、今やるべきことに対する強迫観念みたいなものが、
「お金を稼ぐ事」から「やりたいことをやる事」に変わっただけで、
求めている心境とちょっと違うなぁと思っています。

やりたいことをやらなくては・・・というのではなく
自然体で、その時その時にやりたいことをやって、
それを当然だと思っていて、
「〇〇すべき」という固定観念に縛られない感じになりたいなぁと思っています。

お金に縛られないけれど、別の何かに縛られるのではなく
自分に素直に自由でありたい。

お金という、生活や人生の基盤ともいえるモノへの執着を手放すとは
そういう事ではないかなと思っています。

twitter https://twitter.com/monolife000
blog https://mono-life.net/
instagram https://www.instagram.com/monolife000/

#お金執着手放す #お金執着 #ミニマリストお金

【おすすめのミニマリスト&お金執着動画】
■【お金 引き寄せ】お金の執着を手放せた結果、得られた本当の財産とは

■「執着を手放す」ができない!そんな時はこの方法が有効!

■お金を大きくするためにまずすること。執着を手放すことからやってみてください。

■お金に執着があります。お金はあればあるだけ幸せになれますか?お金と幸福度の関係について

■お金に執着している場合ではない・災害が起きないタイムラインが存在する

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧