「松葉のアミノ酸量と季節変動」松葉健康法セミナー 講師 女松の会 代表 2019年10月30日



松の四季を通じて色変わらぬ永遠性は
何千年も前から不老長寿の思想に結びつき
日本人に愛され親しまれて各地で御神木として祀られてきました。
「松は病気を治すのではなく病人を治す」と言われます。

「松食(お)せよ、松おせば判らん病直るのじゃぞ、松心となれよ、
何時も変わらん松の翠(みどり)の松心、松の御国の御民幸あれ。」日月神示

講師: 女松の会 代表 https://mematu.jimdo.com
主催:お松を愛する会 https://omatsu.club

★★★動画をご視聴後、セミナー内容の補足サイト松葉健康法ぷらすをご覧ください。
 セミナーではお伝えできなかった松葉健康法にぷらすして、 お勧めしたい内容、
 何より「病は氣から」と言われますように心のあり方が一番大事と思いますので、
 そんな気付きの言葉などもご紹介します。
 松葉健康法に沢山ぷらすして頂き、皆様の健康のお役に立てれば幸いです。

 松葉健康法ぷらす:https://matuplus.jimdofree.com/

★松をすすめる会のご紹介のリンク先★
 松葉友の会@岩泉:http://matuba-iwaizumi.info/
 良好堂:http://ryoukoudou.ocnk.net
 木曽三川千本松原を愛する会 https://is.gd/qKlpmy
 松を食べたり飲んだりする会 https://is.gd/cfl9W1

★医療のご紹介のリンク先★
気血免疫療法会VE&BI:http://vebia.net/
 日本自律神経病研究会:http://immunity-club.com/index.html
 統合医学健康増進会:https://togoigaku.win/
 統合医学医師の会:https://www.facebook.com/togoigaku/
 eクリニック:http://e-clinic21.or.jp/

<松葉健康法セミナー 目次>
・はじめに
・松葉の効能
・松葉の成分表
▶︎松葉のアミノ酸量
・松の歴史
・松を植えよう!
・松の選び方と保存
・松葉ジュースの作り方
・松を広めましょう!
・おわりに
(参考)病気症状別の松葉の利用方法
 
2019年10月30日 東京・西葛西にて開催しました。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧