投資信託は儲かるのか?【第43 回】〜 つみたて投資おじさんの”月3万円で3000万円の個人年金をつくる方法 〜



<セミナー登壇のおしらせ!>
(1)2月8日(土)日経4946セミナー(福岡)
↓↓
https://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.aspx?ID=3250

法人・個人向け個別コンサルティングのご依頼はこちらまで。
↓↓
https://bit.ly/37nO16Y

***********************
これであなたの年金2000万円不足問題は解決!アマゾン・カテゴリー(投資信託・債券)第1位の毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資」の著者が放つここだけのマル秘資産形成方法。

”つみたて投資おじさん”が運営する一般社団法人日本つみたて投資協会のホ-ムペ-ジはこちら。→ https://www.tsumitate.or.jp/

つみたて投資おじさんの著作や連載はこちら。
https://amzn.to/2JQBvTD
https://amzn.to/34qfCCo
https://bit.ly/2CcYhRG

フェイスブックはこちら。
https://www.facebook.com/tsukuru.ota

ツイッターはこちら。

ブログはこちら。
http://www.panrolling.com/blog/minamiyama.html

<プロフィール>
一般社団法人日本つみたて投資協会・代表理事。関西学院大学卒。1985年、三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行。1988年より約10年間、イタリア(ペルージア大学留学)、英国(ロンドン)およびブラジルで資金為替・デリバティブ等の運用、投資信託の管理業務に携わる。弱冠28歳で着任したロンドン支店では毎日100億円の資金為替取引を行い、同行の業績向上に貢献。ブラジル・サンパウロの現地法人ではブラジル・レアル建ての投資信託の運用と管理に携わる。
その後、2000年から2019年までシティグループ(米)、UBS(スイス)、フィデリティ(米)、GCIにおいて投資信託のマーケティング・商品企画を統括。フィデリティでは残高450億円のファンドを2兆円の残高まで売上げ、独自のマーケティング手法で業界の注目を浴びた。2019年に一般社団法人日本つみたて投資協会を設立し、代表理事就任。投資信託をはじめとする金融商品のほか、海外での資金ディーラーとしての豊富な経験を活かし、市況や金融市場に関する幅広い著述、寄稿、講演を数多く手がける。主な著書に、『毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資』(かんき出版)、『ETF投資入門』(日経BP社)などがある。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧