正月太りでやばい!?時間を節約できてお金も貯まるダイエット!

正月太りでやばい!?時間を節約できてお金も貯まるダイエット!

正月太りでやばい!?時間を節約できてお金も貯まるダイエット!

初めまして、意識高い系SNS IKASMYの皆様♪

 

意識高い日々を過ごされていると思いますが、

体の方はどうですか?

 

正月休みで太ってしまった人も多いと思います。

それ以外にも

 

 ・仕事で結果を出しているが、体型まではうまくいかない。

 ・ダイエットに使う時間があるならビジネスの学習や、趣味に

  使いたい。

 ・ジムに通う時間が惜しい

 ・筋肉ムキムキじゃなくてもいいから、脂肪の少ない体になりたい。

 

というような要望も多いと思います。

 

そんな皆様に時間を節約できて、お金も節約でき、さらに簡単に痩せられ

る夢のようなダイエット方法をお教えします!

 

 

それが 

   「朝食抜き 二食ダイエット」

 

です。

 

ちょっとまってください。 意識高い皆様だったらこうおもったことでしょう。

 

 「それしってる」「Daigoが言ってた」「いまさら?」

って

 

ですが、このダイエット本当にいいんです。

 

なにをかくそう、私自身、元々太っていました。

 

  「ピーク時は90キロの完全なデブ」

 

 

それからいろんなダイエットをやりました。

 

筋トレ、糖質制限ダイエット、血糖値コントロールダイエット、置き換えダイエット・・etc

 

最終的に体重が68キロになり、体脂肪率も11%まで落とす事ができたんです。

 

その中で

 

  一年以上続いている」

 

 

無理のないダイエットが朝食抜き二食ダイエットなんです。

 

ダイエットが続いている理由

 

自分なりに続いている理由を考えたところ、大まかに以下3つの理由になりました。

 

1.朝食を抜くだけなのでわかりやすい

 

 他のダイエットでは食べてはいけないものや、食べる順番を守らないといけなかったり

 と割と守る事が多いんです。

 最初は続いても面倒になり、結局

 

   ダイエットが続かな〜〜い!!!

 

 っていうループに陥っていました。

 しかし、朝食抜きダイエットはただ

 

   「朝食を抜くだけ」 

 

 と非常にわかりやすいです。

 

2.慣れてしまえば楽

 

 実はこの方法、最初が少しだけ辛いんです。

 なぜかというと、三食生活に慣れている現代人がいきなり二食生活になると

 脳のブドウ糖が不足して頭がボーッとするんです。

 

 本来、人間の体はブドウ糖が少ないと体の脂肪をエネルギーとして使うのですが

 体が慣れるまではうまくエネルギーを作れません。

 

 そのため、ボーッとしてしまうんです。

 その場合は体が慣れるまで少量のフルーツや、スムージーを摂取することで緩和されます。

 

 私もはじめの頃は少しだけ食べていました。ゆっくりならしていき、「大体二週間」ぐらいで

 完全に朝食抜きでも快適に過ごせるようになりました。

 

3.飲み会や外食も楽しみやすい

 

 なぜ朝食抜きなの?夜でもいいんじゃないの?って思った人もいるかもしれません。

 でも断然、朝食抜きがおすすめです。

 やっぱり、仕事終わった後にみんなで食事や飲み会楽しみたいですよね!

 

 

 

 

その他メリット

 ・時間の節約になる

 

  食事の時間って意外とかかりますよね。準備も合わせると早い人で10分

  普通なら20分〜30分程度でしょうか。

  一回30分と考えて一年365日で計算するとおよそ183時間が確保できます。

 

 

 ・お金の節約になる

  朝食代を1食300円と考えると1年で1ヶ月で約1万円、1年で、なんと12万円の

  節約になるんです。

  

 ・集中力アップ

  実は、ご飯を消化するのは体にとっては重労働なんです。ご飯を体内に入れる

  だけで胃から腸からフル回転!

  

  しかし、朝食を抜くと消化にエネルギーが使われないので午前中の集中力がアップします。

  そもそも食べないので食べ過ぎる心配もナッシング!!

 

 

私はこれからも、朝食抜きダイエットを続けていこうと思います。

だって好きなものも食べられて、体型も維持できるダイエットってなかなかないんですよね。

時間も欲しいし、体型も崩したくない人にはうってつけのダイエットです!

 

これからもお役立ち情報や、自分の実体験の情報を書いていきます。

カッキーをよろしくお願いします。

報告する

コメント

  1. カッキーさん宜しくお願いします!

  2. 伊花住さん!よろしくお願いします!

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧