キャッチー&メロディック!若者に人気のロックバンド「ヤバイTシャツ屋さん」

キャッチー&メロディック!若者に人気のロックバンド「ヤバイTシャツ屋さん」

日本の3ピースロックバンド「ヤバイTシャツ屋さん」

2018年頃から様々な大規模フェスにも登場し今とても注目されている若手ロックバンドです。

 

今回は、そんなヤバイTシャツ屋さんの活動履歴やメンバーについて紹介します。

 

 

ヤバイTシャツ屋さんの来歴

2016年にメジャーデビューしたヤバイTシャツ屋さん、通称「ヤバT」です。

 

2012年に大阪芸術大学の軽音サークルで結成されたバンドで、その当時から一部のファンからはとても人気がありノリの良いキャッチーでメロディックなサウンドが大きな特徴です。

 

「ヤバイTシャツ屋さん」という名前はメンバーのこやまたくやが大学時代に先輩が発した「今度、ヤバイTシャツ屋さん行きまぁーす」という言葉の語感が気に入りバンド名にしたそうです。

ヤバイTシャツ屋さんの所属事務所はBADASSでレーベルはユニバーサルミュージックグループ傘下のユニバーサルシグマです。

 

 

 

ヤバイTシャツ屋さんのメンバー

ヤバイTシャツ屋さんは元々男性3人組のバンドでしたが、大学の後輩である「しばたありぼぼ」と「もりもりもと」が加わり現在のメンバーになっています。

 

後輩を入れたのは「年下だと、言う事を聞いてくれそうだから」という理由だそうですが、これが運命の出会いになります。

 

 

こやまたくや

ギター・ボーカルを担当するヤバイTシャツ屋さんの結成者こやまたくや、本名は小山 拓也です。

 

京都府京都市で生まれ母親はピアノ教師、5歳の時に同府宇治市に引っ越します。 宇治市立菟道第二小学校→宇治市立宇治中学校→京都府立莵道高等学校→大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。

 

実は、こやまたくやはバンド活動だけに限らず本名などで自主制作のアニメやMVの作成を行っています。

こやまたくやは猫アレルギーだそうです。

 

 

しばたありぼぼ

ベース・ボーカルを担当するしばたありぼぼ、本名は柴田 亜里沙。

 

大阪府高槻市出身で生まれてから5歳までアメリカのメリーランド州で育ったため英語が堪能です。

大阪府摂津市にある大阪薫英女学院中学校・高等学校出身で、こやまたくやと同じ大阪芸術大学芸術学部映像学科を卒業しています。

 

しばたありぼぼは、元モーニング娘。メンバーの道重さゆみの大ファンなのでよくピンクのTシャツを着ています。

 

 

もりもりもと

ドラム・コーラス担当のもりもりもと、本名は森本 啓太。

 

静岡県浜松市出身で他メンバーと同じ大阪芸術大学出身ですが学科が異なります。メンバーの中で唯一彼だけ留年しています。

曲によってはドラムだけでなく口笛やハーモニカなどを吹くなど音楽センスに長けています。

犬が大好きです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?今日は、大阪芸術大学で結成された3ピースロックバンド「ヤバイTシャツ屋さん」についてでした。

 

【「かわE」Music Video】

 

【あつまれ!パーティーピーポー】

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧