クラウドワークスやランサーズの収入はどうやって確定申告するの?

クラウドワークスやランサーズの収入はどうやって確定申告するの?

クラウドワークスで初めて記事を書いて報酬をもらった!
会社以外からお金をもらえて嬉しいな!
年間30万円ももらっちゃったよ!

でもこれって収入になるから確定申告しなくちゃいけないんだよね?

難しそうだな…

副業ワーカーの場合

この記事はサラリーマンの副業でクラウドソーシングをしている方向けの記事です。

本業でされている方は少しやり方が違うので参考にしないでくださいね!

 

さて、冒頭のように会社以外からお金をもらって初めて確定申告を行うときってとてもドキドキしますよね?
やり方がわからない。ちゃんとできるかな?

まずは何が必要で、どうやるのか、確認してくださいね!

 

確定申告に必要なものは?

確定申告するのに絶対に必要なものは次の3つです。

 

 

  1. 給与支払報告書(年末調整後に会社がくれる年間給与が載っている用紙)
  2. クラウドソーシングで稼いだ金額がわかるもの(サイトまたは銀行口座への振込額で確認)
  3. クラウドソーシングで使った費用がわかるもの(レシートなど)

 

まずはこの3つを揃えてから確定申告に挑みます!

 

確定申告の仕方

確定申告は「自分の利益を国に報告する」、その後「税金を支払う」という2段階です。

毎年、国税庁が確定申告特集・確定申告書作成コーナーのサイトをオープンしてくれています。

このサイトの作成コーナーの空欄に数字を入れていくイメージですね。

クラウドソーシングの報酬は「雑収入」の欄に入力してくださいね。

最近はe-taxと言って家からパソコン1台で報告&支払いができるようになりました。
この制度を使ってもいいのですがe-taxを使おうと思うと初期費用がかかります。

 

ですから副業の確定申告でe-taxを使うのはオススメしていません。

 

オススメは、
家で確定申告書作成と支払い用のQRコードを印刷→税務署に申告書を郵送→QRコードでコンビニで税金を支払い

 

これが一番手間もお金もかからない方法だと思います。
はじめは不安かもしれませんので、一度だけ税務署に赴いて確定申告の仕方を聞いておくのも良いですよ。

 

【まとめ】早めに準備しておけば難しくない

実は「確定申告書」に数字などを入力するのはすぐに済みます。

大変なのはその前の「稼いだ金額」と「使った費用」を調べること。
ズボラな人ほど早めに準備して、申告期限に間に合うようにしましょうね!

 

 

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧