副業が20万円超えなくても確定申告した方がイイ時とは?

副業が20万円超えなくても確定申告した方がイイ時とは?

「実はオレ、副業でバイトしてるんだ」

「そうなの!?まあ実際うちの会社の給料上がんないしな…」

「そうそう、それでさ、今年は副業で18万円稼いだんだ」

「マジかよすげえな。確定申告の準備しとけよ?」

「え?なんで?20万ないんだからしなくてもイイはずじゃね?」

「それって給料だろ?しなくてもいいけど、した方が所得税返ってくるかもしれないぞ」

「え?え?ドユコト???」

 

確定申告しなくてイイ=しない方がイイではない!

大多数の人が確定申告を「面倒臭い」とか「ややこしそう」と考えて

「確定申告しなくてイイならしたくない!」と考えておられるのではないでしょうか?

 

実は、確定申告しなくてイイ人も、確定申告した方がおトクになる場合があるんです。

 

確定申告した方がおトクになるのはどんな時?

副業先が短期バイトなどで「給料」をもらっている場合です。

その給料明細を確認してみてください。
「所得税」と書かれた欄があって金額が書かれていませんか?

もしそうなら確定申告した方がおトクかもしれませんよ。
具体的に言うと、確定申告すれば、その「所得税」の一部が返ってくるかもしれません。

 

副業の「所得税」は高い!

副業で支払われる給料は、本業の給料よりも「所得税」が高く設定されています。

本業も年末調整すると「所得税」が返ってきますよね?副業は確定申告すると「所得税」が返ってくるんです。

クラウドソーシングサービスでも、一部で「所得税」を差し引かれる場合がありますよね。あれも同じです。
例えばランサーズの収入が20万円以下でも、確定申告すると「所得税」が返ってくるかもしれません。

 

【まとめ】収入が20万円以下でも「所得税」を差し引かれているなら確定申告した方がおトク!

ポイントは「所得税」です!

「所得税」が差し引かれている場合は、確定申告したら「所得税」が返ってくるかもしれません。
「かもしれません」と言っていますがほぼほぼ返ってきます。

なぜなら給料などから引かれる「源泉所得税」は、

そもそも「毎月の給料から取りすぎておいて、年末調整と確定申告で返す」ことが前提の制度だからです。

 

あなたもまずは「所得税」が引かれていないか確認してみてくださいね!

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧