軽減税率って結局なに?上がっているのに「軽減」とはこれいかに!

軽減税率って結局なに?上がっているのに「軽減」とはこれいかに!

軽減税率って結局なに?上がっているのに「軽減」とはこれいかに!

平成も終わりを告げた令和元年2019年10月1日

 

 

やるぞやるぞとずっと言われ続けていた「増税」がついに施行されましたね。

 

3%から導入されて5%、8%と徐々に増えていった消費税も2桁に突入!

「もうそろそろやめてほしいわ…」本音は辟易ってところですよね。

 

ところで、 「消費税は上がったのに「軽減」って、どういうこと?軽くなってないじゃん」と思う方は少なくないのではないでしょうか?

 

 

今回はこの「軽減」の意味についてご説明したいと思います!

 

中途半端に上がった消費税

外で何か買った時レシートを確認してみてください。

 

お酒以外の食品を買った時は8%なのに、小物(例えばイヤホンとか)などを買った時は10%になっているはずです。

 

また外食をした時も消費税は10%です。でも持ち帰るなら8%のまま。

 

 

なんとも中途半端な上げ方をされたもんです。

上がっているのになんで「軽減」?

中途半端とはいえ消費税率は上がりました。

上がったのになぜ「軽減」というのでしょうか?

 

それは、 本当は全て消費税率10%にするところを一部の消費については8%のままにしておいてあげる

 

という国からの配慮を言葉にしたものだからです。

 

非常に押し付けがましい言い方をされている訳ですよ。

本来であれば平成29年2017年4月1日から全ての品目の消費税が10%になるはずでした。

しかしいろんな攻防戦の末、 「軽減税率というものを設けてしばらくの間、生活に必要不可欠な品目は消費税8%に据え置きしましょう」と決まりました。

 

さらに、増税のタイミングも後ろ倒しされて結局、令和元年2019年10月1日に「軽減税率制度を含んだ増税」が施行されたのです。

 

 

軽減税率の対象商品とは?

軽減税率の対象品目は基本的に

  1. 飲食料品
  2. 新聞

の2種類だけです。

 

詳しい対象品目は下記URLのサイトよりご確認ください。

 

消費税・軽減税率情報Cafe

まとめ 近いうちに消費税は全部10%になる!

現在は軽減税率という名で食品などは8%のままですが、近いうちに全ての品目が10%に増税されます。

 

なぜなら、元々は全ての品目を10%に増税する計画だったからです。

日本は財源が足りていません。 毎年赤字が積み重なっているんです。

個人向け国債なんかも発行されていますが全く追いついていません。

 

その補給として消費税増税を計画していました。

今も国の赤字は続いているのですから、近いうちに全ての品目の消費税が10%になるでしょう。タイミングは分かりませんが。

 

 

軽減税率という名前に踊らされないで、「もうすぐ全部消費税が10%になるんだ」ということを覚えておいてくださいね!

 

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧